読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫はアルファでありオメガである

くだらないこも書いてます

絶対に怖くないから!?全く怖くない怪談5選


今年、僕が集めてなかで個人的に面白かった怖い話を5つ書いていきます。ほのぼのはしてないけど、どれも全く怖くないと思います。

拾い物の新聞紙には…?

撮影で山奥に行った時の話。開始前にロケハンしてたら、地面に新聞紙が落ちてるのを発見。拾って日付を見てみると、なんと30年ぐらい前のその日に発行されたものだった。「珍しいこともあるもんだ」なんて思ってその日は終わり。それから数年後。また同じところで撮影があってロケハンしてたら、また新聞が落ちてた。嫌な予感を感じつつ拾って日付を見ると、やっぱりそれも何十年前のその日に発行された新聞だった。怖くなって急いでその場を離れた。

流れ行くものの正体

江戸川に手が浮いてるのを見たことがある。胴体や首のような体のパーツは一切なくて、本当に手首だけ。別にこれといったオチはなく、ただその手を眺めてただけなんだけどね(笑)。しばらくしたら沈んでいったよ。

個室に消えたあの子

中学生の時の話。トイレ掃除してたら「使わせてもらってもいいですか?」って子が入って来たから貸してあげた。そのうち掃除が終わって、それなのにその子が個室から出てこない。結構時間も経ってたし、不安になってノックしてみたけど、反応がない。それで不安になったから先生を呼んで脚立でなかを見てもらうと、誰もいなかった。でも、鍵はしっかりかかってたんだよね。

大きなお友だち

雨の日の夕方、原付バイクで走ってると対向車線にヘルメットぐらいの頭をした巨大な赤ちゃんがハイハイをしながら通り過ぎていった。

公衆電話のなかにいた人

今から20年ぐらい前、幽霊が出ると噂の電話ボックスを見に行った。4人で行って、俺を除く3人は「女がいた」って言うけど、俺には何も見えなかった。


以上が特に僕の気に入った怖い話。「幽霊に窓から突き落とされた」とか生き霊の話とかも聞いたけど、やっぱりこういうメリハリのない話の方が好き。特に一番最初のやつはお気に入り。