読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫はアルファでありオメガである

くだらないこも書いてます

100人を路頭に迷わせた社長の代わりに言い訳&謝罪する


働いてた会社が倒産しました。笑いが止まらないんだけど、潰れちゃいまして。会社行ったら弁護士とかいて、もう「ボーナスで新しいパソコン買おう」なんて思いもどこかに飛んでいきましたね。それでまあ、社長からの謝罪がなかったので、僕が代わりに言い訳&謝罪を。

言い訳1  頑張ったんだけどね

会社を立ち上げてから7年、必死に走り続けましたね。この7年間は、短くも、非常に長かったです。その間に、何度も経営危機がありました。でも毎回、なんとか乗り越えて来たんです。そのたびに誌面の内容を変えたり、コストカットをしたりして。実際、今回も色々と対策はとったんです。しかも今回は、ポケットマネーを使ってまで。私財持ち出したんですけど、どうにもならなかったね(笑)。

言い訳2  君たちも困るんだけど、私はもっと困ってる

君たちもいきなり無職になって困ってると思う。だって昨日までは会社員として、国からも会社からも守ってもらえて、そこでぬくぬく暮らしてたわけじゃない?
それで突然「あなたは今日から無職です」と言われて困ってるよね。でもでも、それって会社都合になるし失業保険もらえるでしょ。いいじゃん、私なんて名前が官報に名前載るんだよ。めっちゃマイナスな方向で名前が晒されちゃうんだよ。経営者として、会社を潰た責任を取らなきゃいけないからさ。それと比べたら、君たちより私の方がずっと困ってるよ。

謝罪

ということで謝罪です。多くの人の期待を裏切っちゃったこと、悪いと思ってます。まあ、だからといって許されることではないんでしょうけど。時代を読めなかったことが、今回の一番大きな要因だろうということも、実感してます。倒産しちゃったから、もうそんなことを言って謝ってもどうしようもないんですが。それでもやっぱり、ごめんなさい。